トヨタ自動車が開発した次世代自動車の加速や安全制御機能の統一管理など、自動車の脳に相当する車載操作ソフトが2025年に実用化される。自社生産の自動車に搭載するだけでなく、他の自動車企業にも販売する。ドイツのフォルクスワーゲンなどの自動車企業のほか、大手IT企業も車載ソフトの標準規格を把握することで収益を得る「プラットフォーム」の地位を狙っており、競争はますます激しくなっている。


トヨタは車載オペレーティングシステム「アーニー」を開発している。米マイクロソフト「Windows」や米アップル「iOS」などのオペレーティングシステムの自動車版といえる。主に豊田子会社Woven Planet Holdingsが開発を担当している。
トヨタは2025年にアーニーを自家用車に配備する計画だ。その後、スバルなどの提携企業だけでなく、対外販売も可能となり、純電気自動車(EV)や自動運転車に従事する日本国内外の企業やベンチャー企業なども利用できるようになった。トヨタはライセンス料などで収益を確保する考えだ。


ハンドル、ブレーキ、加速などの制御機能のほか、地図情報や交通渋滞情報などもアリーナが一括して受信する。どのメーカーでも車種でもAreneを搭載すれば共通の機能が使える。自動車企業にとって、消費者はスマートフォンをアップグレードするように、ネットワークを通じて自動車ソフトウェアを更新し、自動運転や車載設備の性能を高めることができる。

開発面でも大きなメリットがあります。ハードウェア開発を待たずにソフトウェアを開発でき、クラウド環境で作業するためにグループ内などで同期開発やリモート開発も可能です。
外部のソフトウェア開発者にアーニーを開放することで、自動車専門ではない事業者に自動運転や自動車部品の制御技術の開発を促すことができる。今後、スマートフォンアプリのように多様な開発者が相次いで自動車関連サービスを追加することができる。

随着用户和开发人员增加,从用户获取的数据也将越来越庞大,有望实现可以创造新服务的“平台”效应。如果能够掌握操作系统的行业标准,在开发新一代汽车方面也会具备优势。

トヨタのライバルもオペレーティングシステムの開発を加速させている。フォルクスワーゲンはアーニーと同じ機能を持つ「vw.OS」を開発しており、ドイツのデムラーは早ければ2024年に自家用車に「MB.OS」を搭載する計画だ。


米テスラも独自にOSを開発している。同社は完全自動運転を狙い、ソフトやシステムの開発を続け、対外販売も検討している。米グーグルや純電気自動車を完全に自動運転するアップルなど、業界をまたぐ企業がスマートフォンのオペレーティングシステムでの成功モデルを自動車分野に広めるという。


トヨタは2022年春から技術職の新卒者を募集する際、ソフトウェア人材の割合を過去の2割程度から4~5割に増やす。トヨタは開発投資額を公表していないが、グループ全体で今後1万8000人を投入して開発し、ソフト開発への傾斜資源を強化する。

スポンサーリンク