<会話で使う場合>

例えば一つの文章を二人で完成させるのは、会話の中でよくあるパターン。「昨日行ったのは~」というと「どこどこだよね」と相手が続け、最初にいった 方が「そうそう」と答える。あるいは「おれ、昨日どこどこへ行って、こんなことがあって」と切り出せば、相手は次に「おれも実はこんなことがあって」と話 をつないでいく。

一つの文章を共同で完成させることによって相手の発言に対する理解や共感を自然に示すのは、人が無意識のうちに身につけているテクニックです。

スポンサーリンク







<意味>

「うん」と「そう」といえば、ごく一般的なことばです。では自分が「うん」と「そう」をどう使い分けているのか。そんなことはたぶん意識したこともな いでしょう。ところがさまざまな会話を分析すると、「うん」と「そう」では話し手の意識に違いのあることがわかってきました。

<例文>

例えば彼氏のことを話していて「昨日、ディズニーランドへ行ったんだ」と言うとき。誰と一緒だったかなんて言わなくてもわかってくれていると思います ね。なのに相手から「彼氏と?」と聞き返されたときは「うん」を使います。すでに話題になっていることだから省略しても大丈夫、そう考えていたことを聞き 返されたとき、人は「うん」と答えるのです。

ところが「昨日、浦安のシーへ行ったんだ」に対して、「ディズニーランドの隣の?」と返されたときは「うん」ではなく「そうそう」と答える。この場合、最初から「ディズニーランドの隣のシーへ行ったんだ」と、こう言えば相手に伝わったのだ、ということを相手の突っ込みで知る。そんなときに「そう」を 使います。このようにほとんど無意識のうちだけれど人は、「うん」と「そう」をはっきりと使い分けているのです。

おすすめ内容・推荐内容↓

ビデオで勉強する↓

ageru ba Grammar Grammar文法 ichi-ban JLPT JLPTN2 JLPTN3 JLPTN4 JLPTN5 made N3 N4 N5 ni no Volitional-form あげる いちばん かぎり から ことがある ことができる ことにする ことになる ぜんぶ そうだ まで らしい 使い方 例文 受身形 尊敬語 意味 意志形 敬語 文法 日本語文法 日本語短文 日本語能力試験 用法 短文 語彙 説明 謙譲語

JLPT 日本語文法
JLPT 日本語文法
スポンサーリンク