きみはかえり、かえあるいてったうすあおい夜明よあまえとおりをあおでもあおでもない。

あおいいろまりながらいまかたちあるものはみなたびたくはじめているというのに

きみはまだどこかふかおくもりなかとおのくちづけをさがしあぐねている

ゆうとかかくとか堅苦かたくるしい文字もじいてふらりとあるいてくがいい

大地だいちうみそらむすぶそのまんなかにきみがいる自分じぶんはばあるいてごらんこれはきみの人生じんせいなんだよ

きみがまれてきたときてのひらにぎりしめてきたものをさがしてみるのもいいだろうだから、きみのしょけておくよ

ちゃんと、とうさんとかあさんのまんなかにいつかおとなになるきみにまっしろ地図ちずわたすからどこまでもどこまでもあるいてって一周いっしゅうしたらかえっておいで

スポンサーリンク