日本語

月: 2020年7月

記事一覧

日本語文法|JLPT N2

かける(kakeru)|JLPT N2 Grammar文法|例文を読む

①もうだめかと諦あきらめかけたとき、ヒーローがやってきた。
②おおかみ男おとこは、人間にんげんから狼おおかみに変身しかけて、途中とちゅうで止とまってしまった。
③かのじょへのラブレターを書かいたが、ポストに入いれかけて、やっぱりやめた。
④いえに帰かえったら、テーブルの上うえに食たべかけのご飯はんが置おいてあった。

日本語文法|JLPT N2

かぎり~では(kagiri dewa)|JLPT N2 Grammar文法|例文を読む

①わたしが知いるかぎりでは、このイタリアンレストランが一番おいしいよ。
②けさ、覚ているかぎりでは、昨日の飲会でビールを10杯ぐらい飲だと思う。
③ニュースで見たかぎりでは、今年の桜は、少早く咲くみたい。
④ともだち「うん、予告よこく編へんで見みたかぎりでは、おもしろそうだったよ。」

日本語文法|JLPT N2

かぎり(kagiri)|JLPT N2 Grammar文法|例文を読む

①ちゃんと勉強べんきょうをしている限かぎり、テストは合格ごうかくできますよ。②あしたは、雨あめが降ふらない限かぎり、10時じゅうじに学校がっこうで会あいましょう。③まもるべき人ひとがいる限かぎり、僕ぼくはこれからも頑張がんばれる。
④せんもんの店みせにいかない限かぎり、あなたの探さがし物ものは見みつからないでしょう。

日本語文法|JLPT N4

おきに(oki ni)|JLPT N4 Grammar文法|例文を読む

例文内容:
①今学期は1日おきに授業があります。月曜日、水曜日、金曜日にあります。最近、あまり眠れないんです。
②2時、3時、4時など、だいたい1時間おきに起きてしまいます。
③高速道路には、約50キロおきにサービスエリアがあって、休憩できます。

日本語文法|JLPT N3

おかげで(okage de)|JLPT N3 Grammar文法

①ほけんに入はいっていたおかげで、病気びょうきになったときに手術しゅじゅつができた。
②にほんごを習ならったおかげで、いい仕事しごとを見みつけることができました。
③せんせいに直なおしてもらったおかげで、いい作文さくぶんが書かけました。
④この薬くすりのおかげで、今いまは元気げんきに生活せいかつできています。
⑤かのじょと付つき合あうことができたのは、友達ともだちのおかげです。

日本語文法|JLPT N3

うちに(uchi ni)|JLPT N3 Grammar文法

①にほんにいるうちに、日本語にほんごが上手じょうずになりたいです。
②まだお店みせが開あいているうちに、買かい物ものをしておかなければいけない。
③ははが出でかけているうちに、こっそりゲームをしていた。
④宿題は朝のうちにやっておくと、午後はたくさん時間が使えます。
⑤外は雨が降りそうですね。雨が降らないうちに、早く帰りましょう。

いまさら N1

いまさら(今更)JLPT N1|日本語文法

①この前に私がした話、今更いまさらあれは嘘うそだったなんて言えないな。②むかし人気にんきだったゲームを、今更いまさらですが、始めてみようと思います。③男「なあ、俺たち、もう一度やり直さないか?」④女「今更いまさら何を言っているの。私たちはもう別れたんだよ?」⑤男「頼たのむ!命いのちだけは助たすけてくれ!」…

日本語文法|JLPT N2

いっぽうだ(ippo da)|JLPT N2 Grammar文法と意味|例文を読む

①外国人観光客が増える一方いっぽうなのに対して、英語などの外国語ができる日本人はまだ少ないです。
②最近は太る一方いっぽうだから、なにかダイエットしなければいけないと思っている。
③大きなショッピングセンターができてから、この街の個人経営の店は減る一方いっぽうだ。
④このオンラインゲームは人が少なくなる一方いっぽうだから、別のゲームを始めようかな。
⑤ロボットは進化する一方いっぽうだが、人間も同じように進化しているのだろうか。

日本語文法|JLPT N3

いっそう|JLPT N3 Grammar文法|例文を読む

①2020年のオリンピックの頃ころには、いっそう多くの外国人観光客かんこうきゃくが日本に来てくれるだろう。
②テレビで紹介されてから、このお店には、よりいっそう多くの客が来るようになった。
③久しぶりに会った友だちは、前よりいっそう日本語が上手になっていた。
④ふうふで協力きょうりょくして子育こそだてをすることで、二人の愛がいっそう深まっていくでしょう。

日本語文法|JLPT N5

一応(いちおう)|JLPTN5意味・例文・使い方

例文内容:
①今日はくもりだなあ。使わないかもしれないけど、いちおうカサを持もっていこう。②あなたはもう知しっていると思うけど、いちおう説明するね。
③どこかで財布を落おとしてしまった。いちおう警察に行ってみようかな。④彼、もう寝ねたかもしれないけど、いちおう電話でんわしてみようかな。

日本語文法|JLPT N2

あまり|JLPTN2文法(Grammar )・使い方(用法)・意味(意思)

例文内容:
①父は娘めを心配するあまり、倒れてしまった。
②この街では、暑さのあまり、道のアスファルトが溶たそうだ。
③はっぴょうの日ひ、緊張のあまり、お腹が痛くなってしまった。
④ちちは娘を心配するあまり、倒れてしまった。
⑤この街では、暑さのあまり、道のアスファルトが溶たそうだ。

日本語文法|JLPT N3

あげる(ageru)|JLPT N3 Grammar文法|例文を読む

①かれが作つくり上あげた芸術げいじゅつ作品さくひんは、美術館びじゅつかんに展示てんじしてある。
②できあがった料理りょうりを、お客きゃくさんのところに運はこぶのが私わたしの仕事しごとです。
③はくぶつかんのイベントで、糸いとから布ぬのを織おり上あげる体験たいけんをした。
④僕たち夫婦ふうふは、自分が住む家を自分で作り上げるのが夢です。
⑤てつやして、彼女へのラブレターを書き上げました。

日本語文法|JLPT N3

あいだに(aidani)|JLPT N3 Grammar文法|例文を読む

①にほんにいるあいだに、日本語にほんごが上手じょうずになりたいです。
②やまださんが買かい物ものに行いっている間あいだに、ご飯はんを作つくってしまいましょう。
③私たちが風景の写真をとっている間あいだに、かばんからさいふを盗まれてしまいました。
④なつのひまな間あいだに、家いえを修理しゅうりしてしまいたい。
⑤じゅぎょうの間あいだに、先生せんせいに質問しつもんをしておきます。